www.kojis-danville.com

ローンした際、支払う時には利率を乗せた支払いになるのは知っていると思います。ローン会社は営利を目当てとした企業ですから必然です。しかし支払う方は、少しでも少なく支払いたいというのが本音でしょう。利息制限法が定められる前は年間30%近い金利返済していましたが、施行後は高金利でも年18%位とかなり低く設けられているので、かなりお得になったと思います。この頃のローンキャッシングの金利幅は4%位から18%位の枠が用意されていて、利用可能額により設けられます。使用可能額は申込み本人の信用度によって左右されます。総量制限により年の収入の1/3までと定められていますので、収入がどれほどあるのか?どんな仕事をしているのか?カードローンの利用状態はどうなのか?いろいろ調査され与信金額としてキャッシングの内容が決まることになります。カードを使ったローンの場合利用可能金額が10万円〜800万円(各業者で利用可能額は違います)と広い幅があります。こうしてその枠の中で定めた利用できる額により利率も決まってしまいます。50万円なら年18%、300万円なら年間12%、800万円なら4%といった感じになるはずです。要するに信用が高評価であれば、与信額も多くなり、利率も下がります。このことに疑問を感じるのは私だけでしょうか?余談となってしまいますが、カード業者にとって、これらの事実は当然なのかもしれませんが、年収の高額な人がローンサービスが必要とは思えませんし、仮にキャッシングしたとしても利息が多かろうが少なかろうがお金の支払いに困る事はないのです。逆に収入の少ない人は咄嗟にお金が必要だから借り入れを行う方が大抵です。利率が良くないと支払いに苦しむはずです。ですから利用可能幅の低い人にこそ低利子で利用できるようにするべきです。これは使う立場としての意見となります。この事実を念頭に置くと、金利を低くする為にはどうしたら良いのか、漠然と分ったでしょう。実際にこれから書く方法で、申し込む人がほとんどなので説明しますと、クレジットカードの申請をする際、一年の収入の1/3ぎりぎりの利用上限まで申込みの手続きをするのです。年収900万円なら300万円で申し込み、カード審査で申し込んだMAXの金額が通ればその分だけ金利が低いキャッシングカードを手に入れることができるはずです。と言って全額使用しなければならないわけではありません。15万円でも20万円でも必要な額だけ使えます。そして利用限度額が300万円で最低金利年率7%位のローン企業もあります。その会社に申し込めばその企業の最低金利で使用できます。どうでしょうか?アプローチを変えるだけで低金利のクレジットカードを持参することが出来るのです。自身の収入と金融会社の利子を比べて、考える事に時間を掛ければ、より望ましい状況で返済ができるはずなので、きちんと確認するようにする必要があります。

Link

Copyright © 1996 www.kojis-danville.com All Rights Reserved.