クレジットポイントが得られるようになる

間接的クレジットカード使用のやり方はたやすいです。

カードにおいてそのまま取引できない販売品をストレートに取引するという手段ではなく、遠まわしに使って注文した方が良いのです。

説明が簡単という根拠によりまずはギフトカードの実例を採用して示してみようと思います。

若者が有名なバックを欲しいと思って立っています。

欲しがっているコートを置いている店では買いたくてもカードで払う事が許されていません。

けれどもVISA、MasterCard、NICOSなどの商品券によってなら支払う事を認めてくれるのです。

だから人物はクレジットカードを使用して券を買い取りした後でを売っている店に訪れカードを活用してMasterCard、Diners clubなどの金券を購入しました。

そして利用したクレジットを活用して注文したVISA、MasterCard、NICOSなどの券を販売店に所持しておもむき手に入れたかった素晴らしいカバンを注文したとしましょう。

「一体なんでその若者はややこしい方法をしているのでしょう?」と訝しむのかもしれませんが、実のところ説明したやり方を使用することでではもらえる事はなかったカードポイントが獲得できます。

金を使う事で価値のあるコートを買い取りしたりした場合であってもクレジットポイントは得られませんし、JCB、NICOSなどののギフト券を即金で買い取りして使用してもクレジットポイントはつきません。

一方今話した事例ではVISA、MasterCard、NICOSなどの金券をクレジットで購入したという理由により、有名なアクセサリーを購入した分と同等の数のクレジットポイントが得られるようになるのです。

こういう事例が段階を踏んでクレジットカードを運用した事になっているという根拠で、間接クレジットと言われているやり方です。

Link

Copyright © 1996 www.kojis-danville.com All Rights Reserved.